野球を追及する楽しさと厳しさを学ぶ場

学童野球やリトルリーグ等を経験し、野球をすることが楽しくて「これからも野球をずっと続けていきたい!」と思っている子供達が多いと思います。「高校野球でプレイできる技術を身につけ、そこへ繋げていく中学硬式野球」を心がけ、野球の楽しさを持ちながら、その中でともに戦い、切磋琢磨する仲間達との時間を共有し、野球に真剣に向かい合う環境で取り組むことができる。こんな大田シャークボーイズでともに野球に取り組みませんか。

高校野球でも通用する知識・技術を身につける

中学硬式野球でプレーする選手たちの多くは、高校に進学しても野球を続けることを意識しています。
大田シャークボーイズは、高校野球でも通用し、活躍できる野球技術、野球知識を教える指導者の下、野球に取り組めます。

高校野球に備えた大事な中学校3年間に、硬式野球を通じて、今後の野球人生に通用する知識・技術を身につけていくことを目標にしています。


私達が教える野球は、自分の頭や身体をフルに活用し、相当の難しさ、厳しさをともなうものです。

この3年間で「野球道」を身につけ、精神力を鍛えていきます。ここで学ぶ「野球道」は、困難を乗り越えていく力を養い、身についた野球技術・知識は、高校での野球生活でも活かされ、良い結果を生み、野球の楽しさを大きくさせると考えています。

野球経験豊富な指導者たちと野球に取り組む楽しさを

野球の楽しさを実感できるかは、指導者にかかるウエイトが大きいものと考えます。
大田シャークボーイズの指導者たちは、何より自分たち自身が野球というスポーツを、また、野球を通じて出会う人たちと過ごす時間を楽しんでいます。

監督・コーチとしての立場からだけでなく、自ら「野球が楽しい」と思い続け、本気で野球に向き合ってきた先輩として、本気でうまくなりたいと思う選手たちを

「時に厳しく、時に楽しく」真剣に支援していきます。

卒団生たちが再びグランドへ

高校野球を経験後、卒団生たちが、大田水門ボーイズでの3年間は、高校野球に役立ち、楽しいものだった!そう思っていただけるようにしていきたいと考えています。

高校野球へのステップにもなる3年間「人生で1回しかない中学野球という貴重な時間を全力で取り組んで欲しい」と考えています。

夏休み、年末の時期に、高校野球、大学野球などで活躍する卒団生たちはグランドに帰ってきます。現役選手たちの中に入り、練習をしながら後輩たちへの良きアドバイスを行ったり、高校野球で身についた技術などを現役選手たちに伝えたりする姿がよく見られます。

真剣に野球に取り組み、共通に経験した中学硬式野球を体験しているからこそ理解しあえる、選手間のつながりや交流の輪が、大田水門ボーイズにはあります。

現役選手たち、これから入団する選手たちにも、この素晴らしさを実感してほしいと願っています。
 
チームの雰囲気をぜひともグランドで体感してみてください!!